つれづれのおと

ディアマイロックスター

2018.3.31 赤坂BLITZ

行ってきました、鶴さんのライブ。お初です。初めての人です。

正直に言うと、15周年でBLITZやるのは知っていて、当日券あったら行こうかな…くらいに思ってたらエマさんがゲスト出演すると聞いて脊髄反射でチケットとってました。
でも、こんなにわかが行ってもよいものか…とかなり葛藤し、まあでも元々ブレチャでの"Nokia"くんの歌声やギター、神田先生のベースはかっこよくて気になってたので、これもいい機会だ!と数週間みっちりアルバム色々聴いてのぞみました。
結果、とても楽しかった。
ジャンプしまくりで最終的に靴擦れができました。
とっても良いライブに参加させてもらいました。メンバーもアツくてお客さんもあったかくて、本当に素敵な雰囲気だった。行ってよかった。

で、だけど、大阪公演もあるし、だいいちわたしのようなにわかがなんやかや呟くのも、でも記録は残したい、と思って鉄が熱いうちに打ちました。
ところどころ間違ってたり、以前からのファンの方には的外れだったりするかもです。で、全部ではないけどセトリもネタバレ。そしていつもながら、話があっちこっち行きます…
ご承知おきいただける方は、よければ。


赤坂に着くと物販は長蛇の列。脇にマスコットの鶴ちゃんの着ぐるみさんが。思わず激写してたらハイタッチしてくれた。かわいい。
NACSさんと間違えて物販並んでた人がいたよ、とすれ違いざまに聞こえた会話をよそに入場。
ロビーに神田"KYOSHO"雄一郎さんの個展が。絵の展示だけかと思ってたら本当に売ってるんだね!そして終演後ほぼソールドしてた。確かにあれはかわいい、ファンなら買って飾りたい。さすが先生、いや巨匠。

入ると舞台後ろにスクリーンがあって、白いフォントで0.1秒単位までのカウントダウンが。HPにも載ってたけどそこはかとない既視感。これ終わったらバラ色の日々とか流れますか?w
1分前ー!って誰かが叫んで、10秒前から客席みんなで声を合わせてカウントダウン。速くなっちゃうのもご愛嬌。

そっからはもう、とにかく彼らのオンステージだった。
演奏はもうとにかくすごい!グルーヴのかたまり!CD音源で聴いてたのももちろんだけど生はやっぱりすごい。
ベースもドラムもすごいどっしりしてる。神田先生はぶいぶい弾きながらグイグイ煽ってくるし、それに合わせるどんくんはどしどしくるサウンドなのに前に出過ぎない、けど安定感がすごい。でも秋野くんもギター1本で全く負けてない。歌いながらあれだけ弾けるのがすごすぎる。スリーピースなのに圧がすごい、けど暑苦しすぎない。
桑田さんだったか、イエローモンキーのこと、このバンドはドラムとギターが仲が良いねって仰ってたそうだけど、そんな感じ。3人とも仲良しだなあって。頷きあったりとか秋野くんの「やるか!」で始まるとか、言動の端々にも現れてるけど、それをはるかに凌駕する演奏の「合ってる」感。ギターが負けてない、と書いたけど、違うな。いい意味でぶつかり合いをするように演奏するバンドもいるけど、彼らは違う。3人が3人とも「合わせる」「合ってる」ことを良しとしてる感じ。低気圧ボーイのMVみたいに、みんなで走ってみんなでヘロヘロになってそれでもみんなで同時に楽器持って…みたいな。
だからといって内に向くんじゃなくて、お客さんを巻き込んでいく力もすごい。オラオラ!って感じではなく煽って、無理強いはしないけど、ビートにのせられてしまう。自然に笑顔にさせられる。素敵なバンドだなあ。
照明も相まって切なカッコよかった「カミナリベイベー」。桜が散りかけてる赤坂に合ってた「桜」。秋野くんの独唱が素晴らしかった「どこまでも青空」。めっちゃ楽しくて踊れる「恋のゴング」。明るくて楽しい「小さくても世界は回ってる」。本編シメにすごい疾走感の「低気圧ボーイ」。C&Rしまくりの「乾杯」や「アイタリナイ」や「ソウルメイト今夜」。ちょっと思い出すだけでもワクワクするくらい、とにかく楽しくて楽しかった!
こんばんは、鶴です!もできて嬉しかったなあ。初めての人はじめまして、が当てはまるのは今日だけだなあ、なんて考えながらやってた。
3曲めくらいでスクリーンが上がって、あの花と鶴の絵にTSURUのロゴが入った大きな幕が。スクリーンは時々出てきて、曲に合わせた映像(乾杯ならビールジョッキ合わせたやつとか、『鶴です!』に合わせて手のイラストが出るとか)が映し出される。派手すぎず、でもチープ感もなくて、曲にも合ってて素敵だった。
アフロやめてから初のBLITZ、と秋野くんが言ってたけれど、確かにデビューしてすぐぐらいにやってるんだよね。でも今だってBLITZくらいの空間は彼らの空気で満たせるくらいのパワー持ってる、と思った。全国各地からファンの方が集まってたけど、なんか、またこういうとこでやってもらいたい…とか思ってしまったなあ。
売れることが必ずしもいいとは限らないかもだけど、生活に不自由せずやりたいことができる程度の位置に長くいてほしい。どんなひとに対してもだけど、勝手ながらそんな思いを抱いてしまうのでした。


さてこの後は、ギタリスト菊地英昭さんゲストコーナー覚え書き。
MCがやたら長いけど、や、メンバー紹介とか47都道府県の人を呼んでみるコーナーを抜いたらここ、多分一番長々と話していたのです…w

15年の間にお世話になった人に来てもらって…って話の後、菊地英昭・エマー!と秋野くんに呼び込まれるエマさん。
ニコニコご登場。赤っぽい糸で刺繍?されたチェックみたいな模様の入ったダークグレーぽいスーツに白のインナー、ネックレスは太いチェーンのやつ。小指にいつものリング。
確かここで、秋野くんとどんくんとグータッチ、先生と握手。
そして舞台中央に来たところで、スタッフさんにマイクだけ渡されてそのまましゃべる。会場がやや、ザワ…しゃべるの…?みたいな雰囲気になったのは気のせいだろうか…
神「エマさんだけトークショーみたいになってる」とか、メンバーみんな、ギターも用意してないのにエマさんにマイクだけ持たせて!とちょい慌ててたけどw、ご本人は気にする風もなく、オトトキ初日の挨拶の時みたくしゃべるモードのポーズでおしゃべり。
その間にスタッフさんが機材を準備。ペダルボードとモニターとアンプ(アンコールだけマーシャルだった気がする…)。
ギターはもちろん、秋野くんのインスタにあったフライングV。ぴかぴかだった。息をのんじゃうほどに。
この後のお話は順不同です。

E「15年も活動休止もせず、解散もせず。すごいよね」(ツッコミづらいです先輩…みたいな雰囲気が満ち溢れるステージと会場)
E「(15年の間に)お客さん入れ替わったの?」←今日の爆弾発言くんその1
E「15周年てことは、俺たちがやってない間まるまるやってたってことだよね」
秋「15年も休んだら、俺らあとかたも無くなっちゃうんで…」
E「そんな。(神田先生に向かって)でも(鶴が)休んだらブレチャのスケジューリングがしやすくなるねw」←今日の爆弾発言くんその2
休止を勧めるというよりは、休んでない話の流れから、ん?じゃあ休む?と純粋にひっくり返した話をした感じ…だったような。
ご兄弟はたまに毒があるとか某ロックスターさんは仰るけど、たぶん、よく回る頭で思ったことを他意なく思ったその場で思ったそのまま出してるだけなんじゃないかなあ。そういうひとって毒舌って言われやすい気がする。

・ブレチャモードだからかやたらとぶれいんちゃいるずを話題に出すP。
E「デビュー10周年てことは2008年にデビューしたの?ブレチャも10周年だから同じだね」

・鶴が高校生の時にイエローモンキーのコピーをやってた話。ライブの2時間半ずっとコピーやってた。お客さんに失礼だよねw、と。
神「めちゃくちゃ速いI love you babyとか。(秋野くんに)やってみ?」
秋野くん、あのイントロを弾く。かっこいい!しかし速すぎて後から入るドラムもものすごい速い(でも叩けてるw)。
秋「当時、メロコアとかパンクにもハマってたんで…w後から聞いたら『うお!速い!』ってなったw」
E「今の速さで演ってたの?」
ど「演りきれてませんでしたね」

・初対面の時の話
秋「初めて会ったのは僕らの番組の収録で。イエローモンキー好きだって言ったらサプライズ的に呼んでくれたんです」
E「スタジオみたいなとこだったよね?」
秋「そうですね。そっから一緒にレコーディングした流れで、よければツアーも一緒に…フェスも…とw」
E「フェスも数曲だけかと思ったら、半分くらいやってたもんね」
神「フェスなんて30分ずっとやってた。普通に4人のバンドみたいになってたw」
なんか「まいっかw」みたいな流れで帯同しちゃうのかわいい。流されすぎか。
でも嫌なことは嫌、なお猫様気質でいらっしゃると思うから、きっと(音楽的にも)居心地が良くていつの間にか、みたいな感じだったのだろうなあ。波長が合ってる感じがしたもの。

・musicshelfのインタビューにもあった、秋野くんのギター壊しちゃった話
神「エマさんが好きだから、サインもらったギターは封印しちゃったんですよ。で、2台目を買って」
秋「あの話はみんな知ってるの…?w(やや言いにくそげ) エマさんが壊しちゃったっていう。親切で!親切で片付けてくれようとしたんですよね…」
E「しかも買って初めて持ってきた日だったんだよね…片付けようとギターケース持ったら蓋が開いてて、ゴロン、って。もうレスポールと同じくらい真っ青になった」←誰うま
秋「ここ(サイド)だけじゃなくて、このインレイもとれちゃって…」
E「ネックとか折れなくてよかったよね」←それは秋野くんが言うことでは
神「でもエマさんに壊されたら本望じゃない?」←それも秋野くんが言うことでは

・その流れで「俺、何か新しいものを持ってくると他人に壊されるんですよ…w」という秋野くん。中学?で買ったギターを友達に渡したら落っことされたとか、あと新しいボード買ってスノボ行った時、「あっつい〜!フゥ〜!!↑↑」って上から滑ってきた神田先生に思いっきりそのボードの上をガリガリっと滑っていかれたとか。笑った。
神田先生、C&Rに失敗して「どんまい俺☆」って言ってた時、どんくんに「そーゆうとこあるよなぁw」って苦笑されてたけど、バンドではそんな立ち位置なのかwブレチャでは大人なイメージだったので新鮮。
神「秋野のマイクもいいやつなんですよ」
秋「これ、(SHUREの)58の50周年のやつで…(お客さんに)58って言ってもわからないよね。シルバーなんです」
E「えっ、そうなの?」←急にそれまでのほやへやムードを引っ込めて至極真剣な目でマイクをまっすぐに見つめるギタリストさん
神「それをこの前俺が倒しちゃって、網のところがヘコんじゃって。『(秋野くんに)実は話がある』って…」
E「(話を遮って)あっ、(秋野くんが)いないとこで倒したの?」←ほやへやモード発動
神「そうです。真剣に『実は…』って言ったら、重大発表があるのかと思ったらしく『おう…』と。マイク倒しました、って言ったら『えーーーー(;´д`)』って」
秋「また神田か!!ってw」
笑ってはいるけどその時は内心かなりしょんぼりだったのだろうなあ、と秋野くんを見て思った。
けどこう、神様って乗り越えられない試練は与えないとよく言われるじゃないですか。個人的にはこの言葉は辛い時に聞くと辛く感じるのだけど、こういう「プチ残念」みたいなことに関してはあながち間違ってない、と思うのです。
世界の「残念」の数は大体決まっていて誰かが消化しなきゃいけなくて、だからこそ、ヘコんでも最終的にはいい意味で「しょうがないなあ…」ってうまく消化できる、優しくしなやかに強い人のところに集まりやすいんでないかなあ、とか。きっとそういう人たちに、私たちは知らぬ間に助けられているのかも、なんて。話が超次元に飛びすぎた。

・大阪はホッピーさんがゲストな話を聞いたエマさん、「一緒にやりたかった…」と眉間にシワ寄せて悔しげなお顔。
去年一緒にツアー回ったのにまだ足りないのかwと思ったけど、鶴と一緒にはジャムってないものねえ、面白そうだよねえ。わかる。そして観たい。
秋「(ここに)ホッピーさん来たら自動的に吉川さん来ちゃうw一緒にサポートやってらっしゃいますからね」←いちいちお客さんへ向けて補足してくれる。優しい…
E「そもそもホッピーさんが鶴を紹介してくれたんだよね。吉川晃司のライブで」
神「秋野は(吉川さんの)ライブ終わって楽屋行って、吉川さんもいるのに真っ先にエマさんとこ行って『サインください!!』って言いましたからね」
どこまでもエマ派な秋野くん…ええ話や…(?)。
ちなみにエマさん、悔しげな声に実感がこもってて、おお、と思いました。ものすごく忙しくしているけれど、やっぱりギターを弾くのが好きだし楽しいんだなあ。ホッピーさんは長いお付き合いもあるから、きっと楽しくセッションできると思ったのだろうなあ。
とにかく今は「ALIVE=生きる」モードにシフトを全振りしてて、やりたいことはそう思った時にやってく!みたいな雰囲気を感じたのでした。そういうモードになってる人は(逆方向にシフト全振りしてる人もそうだけど)、すごくつよい。勢いがある。と思う。
お身体には気をつけてほしいけれど、このままの勢いでツアーやフェスに臨まれるのかと思うととてもワクワクさせられるのでした。

そんなこんなでお待ちかねの曲へ。
秋「一緒にスタジオ入って、一緒にわーっと作ってった曲です。では曲紹介をエマさんから」
E「えっ!?曲紹介?(すでに怪しい滑舌) 今ね、ぶえちゃできゃんぺ、ブレチャでキャンペーンやってるから、ラジオとかで曲紹介めっちゃしてるの」←なぜか自らあげるハードル
E「鶴で、フライハイ!(とてもしっかりした口調)」

そっからがもうすごい。タイトル噛まないか…とハラハラしたのも束の間、曲が始まる瞬間にガッ!とギタリストモードになったのがわかった。
グルーヴがすごい。鶴の3人のグルーヴは先にも書いた通りたしかに強固で、だけどエマさんが入ったら入ったで4人のグルーヴになってた。
ゲストで配慮されたのか、エマさんギターの音はやや大きめな印象だったけど、それでもいい意味で前に出過ぎず、3人と合わせる!楽しい!みたいな音と動きと表情。真ん中にいるのにガンガン前に出るとかじゃなくて、とにかくメンバーの顔めちゃくちゃ見る。楽しいな!なー!って感じで。
とにかくこの曲は個人的に「秘密」の中でも大好きです。セッション楽しい!それこそ上昇気流みたい!というのが爆発した雰囲気に溢れてて、すごくライブで聴きたかったので嬉しかった。タイトルコールした時にお客さんが沸いてたのも嬉しかった。
そしてそして、ギターソロの前にブレイクがあるのだけど、そこで演奏がピタッと止まる。ん!?みたいな雰囲気の中、ニヤッと笑うエマさん。
秋野くんに近づいてって、正面から肩越しに背中をのぞき込む。リアクションしない秋野くんw どんくんの方も向いて、それから神田先生と対峙して、ニヤリ。
で、センターに戻ってきておもむろに、がーん!と弾きだす。そっからもう怒涛の演奏。カッコよかったあ…しびれた。

曲終わりで「今日はこの一曲のために来てくれて…」と秋野くんが。
機材が片付けられていく中、それでも「マイクは残ってるからね」としゃべるエマさん。曲の前だったかもだけど、後ろのTSURU幕を見て一言「お金かかってるねぇ」とか。
ふとスタッフさんがペダルボードのところにしゃがみこむと「あっマイク切れた!?あっこっち(ペダルボード)かw」とびっくりしつつ笑う。
そんなしゃべりたいのか…と思ってたらご自分で「話が長くなっちゃってね…」と言い出す。すかさず「大丈夫です、この曲の前後含めて1時間くらいエマさんで(尺を)とってるんで!!」と秋野くん。どこまでもエマ好き。周年のワンマンでしょうにw
もう出ないとは言ってないよね?また来てください!ちょうど外でオールスター感謝祭やってるから、走ってゴールしてから来てください!wとヤイヤイ言われるロックスター。「え〜汗だくになっちゃうよお」そこなのか。
そんなこんなでご退場の流れに。菊地英昭、エマー!と紹介されながら下手にはけていかれたのだけど、袖に入りながらもスタッフさんへぺこぺこ会釈しながら歩いてらしたのがすてきだった。

で、エマさんがはけきるのを見送ったのきあくん、こっち向いてニッと笑った瞬間に始まったのが「青春のロックスターと女の子」。
もう、これが。泣いてしまった。
この曲、知らない方はとにかく聴いてほしい。歌詞も読みながらぜひ。少しでも何かに憧れたことのある人は、きっとぐっとくるはず。
アルバムの中でもタイトルが気になって、歌詞見ながら聴いてものすごくぐっときて、実は一番リピートしてるのがこの曲です。
手紙のような呼びかけ口調ではあるけれど、その実誰にも見せない大事な日記帳に書きつけてあるような、優しくていじらしいことば。それがのっているのがまた、高く広がる青空を見上げた時のような、眩しくて清々しくて、でも、届かないな…って、少しだけ切なさが胸に走る時のような、壮大な旋律。
アルバム中盤に入ってるし、好きな曲投票のリストにも入ってなかったからあれだけど、もしかしてエマさん退場してから演ってくれないかな、とほんのちょっぴりだけ期待してた。ので、その通りになって、そしてやっぱりこの曲はそういうことだよね?と思って、すごく嬉しかった。
「ねえナンバーワン 僕はあなたの中で 何パーセントの思い出?」という一節。音源で聴いてても泣きそうだったのだけど、今日この流れで歌われたらもうダメだった。
覚えてるよ、きっと。あんなにほやへやしてらっしゃるけど、初めて会った風景も、一緒にツアーやフェス回ったことも、さっきお話ししてらした通り、かなり事細かに。そしてあの10年の中で長らく一緒に演ってたからこそ、「精神一到〜」も作れたのでしょう(まだ聴いてないけど、レコーディング後の充実した表情見てたら、それだけでぐっときた)。何パーセントなんてそんなそれっぽっちじゃ、「思い出」の一言で終わるようなものじゃ、ないよ。
ご本人様がたはきっともうわかりきっているだろうことを、それでも勝手ながら考えてしまって、胸が熱くなったのでした。
そういえばmusicshelfのインタビューで、エマさんと演ったことを、いい思い出です、と言った秋野くんにどんくんが「『思い出』になっちゃったよ、『糧』ね」みたいにつっこんでたのを思い出した。
そう、きっとね、3人の存在もまた、あの新しいジャケットやポスターの、枝や根が伸びる糧のひとつでもあったんじゃないかなあ、と思うのです。

さて、本編終わってアンコール。の前に、スクリーンに映し出される「特報」の文字。そして発表される、まさかの47都道府県ツアー。どれだけパンチドランカーなんだ…
9〜3月の半年で回るそうで。対バンもするかも、と。今回の東京公演には42都道府県からファンが集まっていて、大阪ではきっとコンプするから、今度は俺たちが行くよ!と秋野くん。少し不安げなどんくん。顔色変わらない(ように見える)先生。うおお…無理せず乗りきってほしいなあ。そしてどっかしら行きたい。

そんなこんなで1〜2曲やったらセンターにペダルボードとマイクとアンプがセットされる。ま、まさか…
秋「機材があるということは…?どうしてももう一曲やらせろ!と言うのでw わかんないよ、(機材が)あっても出ないかもしれない」
神「ダメ、ゼッタイ」←冷静口調で面白かった
菊地英昭、エマー!と再び呼び込まれるエマさん。今度はすぐギターが出てくる(もちろんあのV)。
ツアー日程に、秋野くんの方向いて一言「仲良くね」と。ツツミと同じ、先輩感あふれる口調だった。
E「(どんくんに)大丈夫?」
ど「んっ…大丈夫です」
E「(神田先生に)仲良くなくなりそうになったら、一度帰るんだよ」←そこが秘訣と踏んだらしい
神「大丈夫です、機材車ちょっと広くなったんで」そこなのか。まあ確かに狭いと喧嘩するもんねどうでしょうみたく…
またまた「曲紹介を!」と秋野くんから振られるエマさん。
E「じゃあ…餃子食べに行きますか?(お客さん盛り上がる)麻婆豆腐にしますか?(再度盛り上がる)それとも回鍋肉がいいかな?(盛り上がる) ニーハオ イーカオ!」
世にもかわいい曲紹介だった。口調は話し言葉というか、ブレチャのライブで曲前にしゃべる時の、照れてるのかわからないけど謎にしっかりした口調。全部、歌詞に出てこない中華料理を挙げたのは考えてたのか偶然か。どちらにしろかわいい。
この曲もとにかく大好きなので嬉しかった。どんくんもメロディーメイカーだなあ。
フライハイの時と同じく、メンバーの顔を見ながらグイグイ弾くエマさん。「パンダもね 結局は熊 猫かぶってるけど危ないぜ」って歌詞そのものだった。普段は周りにお花が飛んでるのに、ひとたびギター弾きだすとそれがシュッと消えるの。そして今回は長い付き合いの後輩の中にいたからか特に、ネコ科の肉食獣みたいだった。ちょっとギラギラした目と、擦り寄ってきてるのにともすれば食われちゃいそうな雰囲気を漂わす挙動。でも演奏は攻撃的すぎず、強くはあるけどしなやかに混ざり合う感じ。3人のグルーヴもまた、それを受けとめられる度量があるというか。うーん、すてき。
ソロは秋野くんが弾いてたのだね(その弾き分け(?)がわかったのも嬉しかった)。バッキングのチャカチャカもかっこいい。
この曲はとかくノリが良くて楽しいのだけど、最後の方で弾きながらブンッと右脚挙げてたのが嬉しかった。どこだったかなあ、忘れてしまったの痛恨の極み。
で、アウトロはギターバトルというか、バトるというより呼応する感じ?燃えよドラゴンのテーマとそれっぽいフレーズを片方ずつ弾き合って、最後にツインギターになるのだけど、それがまた。
2人で向き合って弾くのだけど、エマさんが弾いてる時はバッキングもあんまり弾かずに
ちょっと手をだらんとさせて見つめる秋野くん。立たせるためにわざと引いてるような、相手の手の内を見ているような、見惚れているような、どれだったのかはわからないけど。
ツインギターは想像通り、いやそれ以上にカッコよかった。向き合って弾いてて、やっぱり、楽しいね!ってニヤッとしながら秋野くんを見るエマさん。秋野くんのギターは引っ張られてる感じがなくって対等というか、それこそカンフー映画で師匠と弟子が手合わせしてるみたい(対決する形でなく、型が美しく決まることを目的とした手合わせみたいな感じ)で素敵だった。
余談だけど、燃えよドラゴンのテーマをエマさんが弾くと、あの年男の時のお写真思い出すよねw

演奏が終わって、ギター片付けられてからだったか、秋野くんの肩、に手をポンとしようとして、気づかなかった秋野くんが離れちゃったので手をのばして背中にタッチするエマさん。どんくんとハイタッチか握手して、神田先生とは上下の握手して。
15周年本当におめでとう!みたいなこと仰ってた。
そしてスタッフさんがちょうど居なくなった時だったので、マイクをスタンドごと持って上手にはけさせようとするエマさん。スターが!スターが!!と慌てるメンバー、飛んできて受け取るスタッフさん。本当に飾らないなあ、というのと、引っ掛けて倒したりしなくてよかったなあ、という思いが去来するわたくし。
先ほどと同じように、会釈しながら下手へはけていかれたのでした。

その後「ツインギターって楽しいね!!ずっとスリーピースでやってきたけど…世のスリーピースバンドの方、頑張りましょうね!w」と秋野くん。
やー、もちろん3人のグルーヴもすてきだけど、化学反応があるというか。そしてそれを消化できる度量のあるバンドってすごいなあ、と素人ながら思うのでした。



さて翌日、おどおどとサイン会に顔を出したわたしに、疲れてるだろうににこやかに接してくれた皆さん。ひいいい本物だ…と昨日も本物を観ていたくせにものすごくあわあわしてしまった。
握手やら写真撮影やらまでしていただいて、テンパりすぎて顔はまともに見られなかったし、何を言ったか忘れてしまったのだけど、楽しかったです、また行きます、は言えた…はずなので良しとしよう…(いいのか)。

皆さんがっしりした、でも優しい手をしてらした。ああ、あの音楽を生むだけはあるなあ、と思いながら、新しいCDを手に歩く春の夜なのでした。