つれづれのおと

ディアマイロックスター

2018.7.15 横浜アリーナ


行ってきました、J-WAVE LIVE SUMMER JAM。2日連続のユニコーン、けど今日は会場の規模が打って変わって、よしはるアリーナ(懐)!
他のアーティストの方もとっても素敵で、フェスではあるけどずーっと席にいて観てました。最初の3組(レキシ、大橋トリオハナレグミ)は特に、個人的に前に参加したライジングサンを思い出したり。晴れてて気持ち良い風が吹き抜ける原っぱで聞いているような気持ちだった。
池ちゃんに大橋さんに常田くんに、なんだか鍵盤奏者が多かった気が。グランドピアノもたくさん出てきてたなあ。あべどんさんがこういうとこでグランドピアノ弾くのもいつか観てみたい。
あと池ちゃんが大迷惑歌ってたの嬉しかった!この稲穂をどうすりゃいいの!稲穂稲穂のも!の!が!た!り! 大地くんがあのドラムを叩いてくれてたのも嬉しかった。


はてさて、ユニコーンさん、久々のフェスのトリ。
トリって最近断ることが多いと前に話してらしたけど、やっぱりあの曲もあるから引き受けたのかしら。
大御所バンド!って紹介されてたけど、そりゃキャリアを考えればそうだけど、なんだかむずがゆかったw


楽器のセッティングは前日と同じ、半円形のような感じ。Zeppでも思ったけど、すごいいい音響で聴ける部屋(?)とかに、こうやって聴く人をぐるっと取り囲むように配置されたスピーカーとかあるよなあ、なんて。
しかし昨日より広い会場だけどカールコード届くん…?と心配に(その疑問は後々回答が出るのであった)。


1.Feel so moon
前日と同じく、イントロのSEが流れて、薄明かりの中でてくるメンバーたち。会場が広くて照明が鮮やかなのもあって、なんだか本当に宇宙空間にいるみたいな浮遊感。
かにさんの「ワン!ツー!ワンツースリーフォー!!」というカウントが聞こえる、オフマイクなのに!そして始まった演奏に歌詞通り「わあ!」となる。この壮大な感じ、久しぶり!!ブレスレットを光らせているお客さんもちらほらいて嬉しかった。イーガツアーの追加公演を思い出した。

2.スターな男
ソロ回し、「はい、ABEDON!!」とさすがに大きなイベントでは正式名称でコールする民生さんw キーボードソロの最後にちょっとタメがあったから、これはもしや…と思ったらやっぱり足蹴キーボード!!右足をがんっとのっけてドヤるあべどんさん。久々に観た…カッコよかった…
この曲の最後の方だったか、かにさんが小節を間違えたのかなんだかでちょっと遅れてしまい、「!?」とものすごい勢いでドラムセットの方を振り向くあべどんさん。なんとなく修正してって、なんとなく戻ってきたら向き直って、もーしょーがないな、みたいな苦笑を浮かべていた。ふふふ。

このあたりで確かMC。
こんにちはユニコーンです。J-WAVEとは癒着があってw出ました、みたいなことを話す民生さん。
民「今日は屋内で」
A「最高です」
民「J-WAVEが屋内でやり続けるかぎり、僕たちは出ます」
A「先取ってますね」←主語が行方不明
民「フェスをってことですか?wもともとこう(屋内)だからw」
A「ああそうか」
民「今日のこの…じぇいうぇいぶ…さまー…」←イベント名が思い出せないのかポーズなのか
A「JAM」←覚えてた!!
民「サマージャンボ…屋内」
あいまいだけど、こんな感じに舞台の端と端からやりとりするあべどんさんと民生さん。
なんだか、「阿部民」って感じだった。
わたしは解散前のユニコーンの雰囲気は体感したことないけれど、こんな風にやりとりをしていたというお話を聞いて、なんだかすごく納得というか、しっくりきたというか。
先日観てきた映画に出てきた、20代の頃からの付き合いで40代半ばになった2人の男の人たちのやりとりの雰囲気とどこか似てる。それぞれが「あの頃」からすると歳をとっていて、でもやっぱり関係性は変わらない、というか。多分バンド自体もなんとなくこなれてきて(もちろんいい意味で)、そういう関係性が見えやすく、というか、出せるくらいの余裕が出てきたのかなあ。あとは配置も大きい気がする、互いに正面にいるから話しやすいもんね(あべどんさんは後ろにいると、遠慮もしくは省エネモード入ってらっしゃるように見えるので…)。
とにかくその雰囲気が、なんだかとても、よかったのです。ずっと見ていたくなる。

3.裸の太陽
昨日と同じく、リッケンを抱えてずーっと弾いてるあべどんさん。ソロはテッシーとユニゾン。さらりとスクラッチやってるのも見えた。

4.ペケペケ
センターにマイクが置かれ、青プレべに持ちかえたえびさんが前に出てくる。うおおお!!やるのか!!!テンションがん上がり。
しかしこれがすごかった。何がって、えびさんのビジュアル。
公式レポでもあったけどあれだけじゃなく、モニターに映る歌ってるお顔がマジでペケペケPVのアップと同じ顔。髪型がリーゼントじゃないだけ。なんだ。なんだあの爆イケ。昨日と同じく伏し目がちで真剣な顔で歌っておられた。えびさん、他の曲でも麦じゃなく海老の舞っぽいステップ踏んでて、おおお…と思った。センター張ってるだけある!

5.デジタルスープ
あべどんさんが鍵盤に指を置いて、すっ、と息を吸うように小さく上体を動かした瞬間、ああ!と息を飲んだ。外れなかった。セトリから外さず演ってくれた。
これがもう、すごかった。ものすごいグルーヴ。Zツアーを思い出した、けど、まだ今年2回目でこのグルーヴなの?と思うくらい、ぐわりと迫ってくるような音の「圧」がすごい。
丸に模様が入った白い照明が青い地の照明に映えていて、キレイだなあ、と見惚れていると、こちらに向かって数本の白い光が放たれる。それが圧倒的な力を持った音と相まって、大きな渦に包み込まれるような感覚に陥って、ぶわっと鳥肌がたった。ああ、よかった、またアリーナで聴けてよかった、心の底からそう思った。
実感すら〜ないままで〜という、ちょっと詰めた歌い方は昨日と同じ。サビの2人の歌声がまたすばらしい。涙が出た。

6.Boys&Girls
センターに白いマイクスタンドがセットされる。旗はついてない、そしてあべどんさんが赤いフライングVをかけて颯爽とセンターへ。おお!こっちか!
すかさず上手から「ヨッチ!ヨッチ!!」との掛け声が。お客さんではなく民生さんである。照れくさげに笑ったあべどんさん、それでも「ヨッチで〜す!にっちもさっちもヨッチで〜す!!」とアクション付きでやってくれる。全力で返す我々。嬉しかったけどこれワンマンじゃなくてフェスだからね…内輪ネタわかんない人多いからね…
あべどんさんが、ええと…と喋ろうとするのにかぶせて「ABEDON!」と改めて紹介する民生さん。なんか2日間とも、そうやってあべどんさんの話に食い気味になるのが多かった気が。
「何か言うことないんですか」とあべどんさんに振る民生さん。え?ありますか??と本当にわかってない様子のあべどんさんに「言うこと…アリーナw」と突然のダジャレで濁す民生さん。ここであべどんさんが「◯◯りぃーなw」とダジャレで返してこのくだりは終わったのだけど、まさかよしはるアリーナと言わせたかったのではあるまいな。って、いやまさかそんなファンじゃないんだから…
「時間ないんですよ!30分くらい押してますから!どうして押してるかわかってます?」と言う民生さんに「知ってるよぉ、レキシのせいでしょ」とさらりと返すあべどんさん。去年のアラバキでは「レキシちゃん??」とか仰ってたのに、どうやら池ちゃんの存在を認識したらしい。できたら仲良くなってほしい…とか思ってたら「大迷惑を(セトリから)削ったのそのせいだから!」とwwさすがの民生さんも「元々入ってないやないかww」とフォロー。イジるってことは挨拶くらいしたんだろうかw
あと、ライブの最初の方で、あの曲(OMR)がきたら終わりだと思ってください、みたいな話をしてたのだけど、確かこのあたりでなぜか「あの曲やる!?」「あの曲3回くらいやるかww」と謎の小悪魔みを醸し出す阿部民なのだった。

曲はもうもちろんかっこいい。ピックがびゅーんと飛ぶ。スタンドマイクをぐわーんと前に倒す間にギターを背中へ回す技もお手の物。
間奏であべどんさんがテッシーを呼んで、キーボードブースよりも下手の手前の方へ。イーガツアーの時みたいに2人で交互にギターを上げたり下げたりして、懐かしー!と思ってたら、民生さんがカールコードをギリッギリにして、混ざりたい!(前に出る)けど混ざれない!(後ろに引っ張られる)みたいなモーションを繰り返していて、2人が上手の方に戻ってあげていた。飼い主が帰ってきた時の、庭に繋がれてるワンコみたいだったw
最後の方で、突然何かが降りてきたのか、マイクを持って熱唱しながら上着の右肩部分を何度かずらして肩を露出させる(下は白タンクトップだった)あべどんさん。maybe blueのPV感あった。肩が白い。湿布貼ってなくて一安心(余計すぎるお世話)。
ラストで、じぇいうぇーいぶ!!とシャウトしてらしたような。

7.おかしな2人
イントロでまた、うわー!となる。この曲もやるのか!ニーズオブファンセトリ!
ハンドマイクだけど主に上手をうろうろする民生さん。ただし「どぅっどぅっどぅどぅっ♪」の時は、上手にいながら下手、いやキーボードブースの方を見て歌う。あべどんさんも上手を見て歌う。

8.OH!MY RADIO
イントロのあの音と鳩時計と、流れてきてあー、終わりなんだ、と思う。でも、ギターが入ってバンド全員の演奏になったとこで、寂しさなんて一気に吹っ飛んでしまう。
すごい。グルーヴがもう、半端じゃない。
前日のも確かにいい演奏だった、けど、アリーナでも響く響く。左右からの歌声、ぴったり合っている。歌声がまるでひとつの生きものみたい。マイクの音量の関係かもだけど、あべどんさんの方が大きく響いていて、それに追従するよりは隣に並ぼうとするように民生さんの声が上がったように聴こえたとこもあって、すごい…と。
そんな歌声が演奏と相まって、ものすごく大きなパワーをもって会場に満ち満ちている。そんな感じだった。圧倒された。
「右脳です」で右手を挙げる民生さん、「左脳です」で左手を挙げるあべどんさん。よかった、今回は間違えなかった。
「ベテランです」で両腕を挙げる民生さん、「まだわけーっす」でWピースなあべどんさん。ここでちょっと照れくさげにふっと笑うのが好き。

曲終わりで民生さんが叫ぶ。
「あべどーん!川西幸一ー!EBIー!テッシー!」
すると一拍おいて「奥田民生ー!」とあべどんさんがコール!これまでテッシーがやってたの、今日から変えたのだろか。そういや以前、テッシーが民生さんのこと呼ぶようになったのもこのイベントだったと思うのだけど。なんだかびっくり、あと再始動当初のようで懐かしくもあった。


en.WAO!
全員、上だけイベントのスタッフTに着替えて登場。民生さんは最初から上着の下に着てたんだけどね。
民生さんから「ライザー(土台)ありますから気をつけてくださいね!(※昨日の話)(わからないお客さんが大半だから!)」と言われ、ギター抱えて、キーボードブースの前からライザーの縁を足で確かめるように押す?蹴る?あべどんさん。かにさんも同じように足でげしげし。や…あなた方、脱臼と骨折やってらっしゃるんだから気をつけて…
ドラムのリズムに合わせていつものように踊る阿部民。と、民生さんが、上手側のクレーンカメラに興味津々(本編でもちょっと気にしてたのだけど)。カメラに向かって手を振ったりニッコリ笑ったりしてアピール。つるすタイプのおもちゃに構う猫みたい。
そして民生さん、あべどんさんに向かって、おい!来いよ!一緒に映ろうよ!!ヽ(´∀`)ノとジェスチャーでアピール。しかし気づかないあべどんさんはどんどん下手側へ。舞台中央まで来たとこでちらっと振り返ったから、あれ?気づいた?と思いきやまたどんどん下手へ。
激しくなるアピール。お客さんからも声が飛ぶ。舞台のほぼ端っこまで来たとこで、あべどんさん、そこで撮影してた女性カメラマンさん(か、カメラw)に向かって、指だけで民生さんを指して笑う。気づいてた!あいつあんなこと言ってるよ〜wみたいな顔してる!!なんだかびっくり。そして誘ってたひとががっかりしてるんじゃないかとこっそり心配にw

曲はもちろんよかった。お客さんもみんなサビで手を振ってくれてた。アリーナで聴くWAO!、そうだこんなに気持ちよかった、って思い出した。
えびさんのシャウト、全然何言ってるかわからなくて、阿部民も「え?」って顔して無言で振り返ってたのだけど、「813!」だったらしい。周波数て!w

曲終わり、「エビバディ愛してるぜー!」とシャウトするあべどんさん。おお、イベントで!嬉しい!とジャンプしてしまうわたくし。すると、マイクに口はつけたまま、上手を見るあべどんさん。
奥田民生!愛してるぜー!!」
え!と思った瞬間、両手を挙げてぴょん!と軽くジャンプする民生さん。曖昧な笑みを浮かべていたような。漫画でなく大の字のジャンプするひと、初めて見た…
手島いさむ!愛してるぜー!!」「堀内一史!愛してるぜー!」と、それぞれの方を向いて一人一人にシャウトするあべどんさん。テッシーもえびさんも、手を挙げてこたえてくれたような。
川西幸一!愛してるぜー!!」には、ちょっとだけスッと手を挙げて「愛してるぜ!」といつもの声色で頼もしく答えるかにさん。言葉を続けるかと思ったそのとき、
「愛してるぜ!!」
上手から響くまっすぐな声。間髪入れずに続く「ヨッチ!!!」。
言えた。民生さんが言った。愛してるぜって。びっくりして叫んでしまった。
なんというか、これはすごい偏見だと思うし個人的イメージなのだけど、民生さんてとてもシャイじゃないですか。で「伝えたいことは言葉にしたくはないんだ」とか「言わないでも全てがわかる」関係性がいいとか、歌ってらっしゃるじゃないですか。
だから、なのにここでこうやってきちんと濁さずに言葉で返してくれて、嬉しかった。
愛してるぜ、はこういう場面であべどんさんがよく使う言葉で、もちろんパフォーマンスの一環ではあると思う。けど、決して不必要な嘘はつかないひとだと思うし、てらいがないというか、肝要な場面ではきちんとそれを嗅ぎ分けて肝要なことを伝える、その勇気?漢気?を持っている、そんなひとだとも思うので、(わたしたち観客のことはあの瞬間だけであったとしても)本当にあれは「愛してる」ひとに向けて言っているんじゃないかなあと思う。
で、いつもならそういう時、民生さんは何も言わないか誤魔化したりすると思うのだけど(現に、かにさんがもう応えてたのだから言わなくたって成立してたし、黙ってればちゃんと『ABEDON』か『阿部義晴』も付け足してくれたと思う)、それでも「愛してるぜ!!」とまっすぐ大きな声であべどんさんに言ってくれたのが嬉しかった。
彼らの関係性の本質なんて他の誰にもわからない。けれど、出会って30年くらいの中で色々あって、でもなんだかんだずうっと付き合いは続いていて、今あんなにぴったりと合わさる歌声を大きな会場に響かせている。それだけでも、きっとそこに少なからず愛があることーー親愛とか友愛とかライバルへの愛とか、色々ーーは、なんとなく感じとれる。
「愛してる」なんて、そりゃあ普段の会話で言うのだってめちゃくちゃに照れくさい言葉だ。でもやっぱり、どんなに通じ合ってる相手でも、言葉にしなきゃ伝わんないものもたくさんある。し、伝わってたとしても、改めて言葉にしてもらえることはとても嬉しいと思う、そして言葉にする方も自分が抱えてる思いを再認識する機会になるんじゃないかなあ。それに加えて、黙って愛を返し続けてしまうあべどんさんだから、それに気づいてちゃんと愛を返してくれる存在は、きっとすごく大事だ。
だから、投げたボールを、そのままのスピードとまっすぐさで返してくれて、よかった。「ヨッチ!!」は確かに照れもあったと思うけれど、前に「いい名前もらったなあw」としみじみしてらしたから、今のところ一番言いやすい愛称、とも考えられるような。
て、ただのメンバー紹介を兼ねたやりとりで、彼らにはそんな大きな意味はなかったかもしれない。けど、なんだか勝手に色々な感情が渦巻いてちょっと感極まってしまった。
たかだか9年くらいしか彼らを見てきていない一介のファンが言うのもなんだけど、やっぱり、大人って素敵だなあ。いくつになっても、変わっていくものはあるのだなあ。そう思った。
最後に、「J-WAVE!愛してるぜー!!」とシャウトして、そんなこんなでライブはおしまい。


いやいやしかし、本当にアリーナのユニコーン、すごくよかった。
最近のツアーではホールクラスの会場が多くて、それはそれで彼らに合っていると思う、今でも。でもやっぱり、アリーナを背負えるだけの力も衰えてない、それどころかさらに新しい力を増している、そんな気がしました。いつかまたやってほしい。イベントでなくワンマンでも。
ライブハウスでもやるようになって、新しいフォーメーションやツインボーカルやギターや、ここに来てもさらに引き出しが増えている気がして、その進化しようとする姿勢は、本当にすごいと思うのです。だからこそ、まだ「最強はこれから」だ、と、この先を楽しみにさせてくれる、それがすごく嬉しい。
夏フェス出演が少なめなのは残念だけど、猛暑がさらに厳しくなってるこのタイミングはある意味よかったのかなあ、とも(こういうとこ、間がいいのか勘が冴えてるのか先見の明があるのか、わからないけれど)。でもどこかでまた、たくさんの人にこのバンドがさらに最強を目指していくところを観てほしい。そう思ったのでした。