つれづれのおと

ディアマイロックスター

なつやすみのおもいで

タイトル通り、わたくしの人生の夏休み(?)の思い出です。
カンタンヒキガタビレもまとめたい気がしますが、ちょっとUCFCツアー、要素が多すぎた(要は力尽きた)。でも残しておきたかったんや…
フロアの最後方にいたのでメンバーは上半身しか見えず、なおかつ前半の大半を「ぎゃあああかわいいいい」と叫んでいたので記憶はぶち曖昧です(使い方合ってるのか)。本当に夏休み最後の日に約1ヶ月分を思い出して書いてるレベルでございます。
あと、もはや注釈つけるあれでもないですが、目線の偏りぶりがひどいです。や、だって、目が離せない。なんですかあのかわいい生き物は…保護した方がいい。してるひといるけど。


フロアの電気が消えると、絶妙に笑点ぽいけどそうじゃない曲が流れる(作ったんだろうかw)。
それに合わせて出てくるメンバー、なんと浴衣。ああああ嘘だろう。見たかったよその衣装…!旅館のやつみたいな、白地に六角形の模様?よく見ると所々にあの家紋ロゴ。テッシーやえびさん、ツッシーが顔本とかに一部あげてたやつ。
よく見えなかったけどあべどんさんの帯は赤、民生さんが黄色だったと思うから、それぞれ色違いなんだろうか。民生さんはそれに地下足袋+草履?履いてた。
全員、落語みたいな名前が付いてて、かにさんから自己紹介。断片的にしか覚えてないけど、かにさんが"いいとも"、テッシーが…上手いなあという名前だったのに思い出せない…。えびさんは海老家木久蔵?で、途中から民生さんに「えび蔵」って呼ばれてた。それじゃ歌舞伎役者だw あべどんさんはなんとかアベドル、だったのだけど、民生さんが「はいアベドル」って事あるごとにちゃんと呼んでるのがおかしかったw

民生さんが一番下手の司会の位置につき、他メンバーは下手から上手へ年齢順(あべえびてしかに)に回答者席(立ってたけど)に並ぶ。
舞台奥のモニターに「奥田笑点」の文字が映し出され、
民「(突然)まずはイントロドンやります!」
正解するとスーパーひとしくんみたいにいぬコーンがもらえる方式。ただ、最初それを忘れて、テッシーが正解したのにスルーしてた民生さんに、あべどんさんがとても自然に「何かあげなくていいの」と。「あっ」となって下手袖からJメンさんにいぬコーンを放ってもらう(扱い…)。そういうやりとりがこの後もう一回あって、なんかきゅんとした。民生さんはよくあべどんさんの世話を焼いてるけど、あべどんさんはあべどんさんでよく気がついて、さらっとフォローするのだよなあ。
ただその、民生さんがいぬコーンのこと「この、まねきねこダックみたいなやつを」と言った時に「美味しそうな名前だねえw」とにっこりしてたのは最高に箱入り感あったけどもw
この後の問題は順不同。そして抜けてるのもありまくりです…

・サンバdeトゥナイト
早押しはあべどんさん。しかし曲名が出てこない。もう少し長めに流してあげる民生さん(優しい)。しかし出てこない。そのうちギターを弾くようなモーションでリズムにのりながら「だーだーだーん♪」とイントロのフレーズを歌い出すあべどんさん。それに付き合って?えびさんも同じようにリズムにのりつつ歌い出す。そこがもうめちゃくちゃに可愛くてしんだ。2回目は転調するとこまでやってた。天使かよ。
しかしそこになぜか「あいわなほーるどよーはーん!!w」とビートルズを被せてくる民生さん。「(思い出せるまで)もうちょっとだったのにー!!」と2人して悔しがるえびあべ。一緒にうつむくと2人して天使の輪が見えるの。天使かよ…いや天使だった。
結局長々とイントロを流したのに(甘い)答えられなくて、「はい時間切れ!!」と民生さんから正解発表。

・TAIRYO
確か最初にあべどんさんが押して、でも出てこなかったような。直後に「あっ!(思い出した?)」ってなるけど、「テッシーになってるから(2番手?)」と民生さん。テッシーがきちっと正解を出す。
ここだったかどうか曖昧だけど、テッシーにいぬコーンが渡されると、テッシーの方を見ながら「めらめらめらめら…」と言い出すあべどんさん。え??もしかして同点だから(この前に一問正解してた)対抗の炎を燃やしてるの???「めらめらめらめら…(ツッコミが入らないので身を乗り出して2回目)」可愛すぎて悶えた。

・金銀パールベイビー
早押ししたもののタイトルが出てこず、あべどんさんに寄りながら「えーっと、阿部の、阿部が、阿部B!」と阿部を連呼したあげくまさかの呼び名を口にするえびさん。びっくりした…本人もびっくりしたのか、(∂∀∂)キャハ!ってなってABEDONと言い直してたけども。
この時だったか、正解発表のあと流れる曲に合わせて、どちらともなく腕と上半身を振って踊る阿部民。かわいい。

そしていつからか阿部さんにボケてスイッチ(?)が入り、超速で早押ししては「あわなほーるよーはーーーん!ww」とビートルズを繰り返しだす。と、えびさんが「(間違えてばっかりだから)持ってっちゃえ!!」とまさかのいぬコーンのボッシュートを進言。リアクション薄めながらもあべどんさんのいぬコーンを手にとって下手に返してしまう民生さん。あべどんさん、頑張ってボケたのに………(?)。
あとどこだかで、「あれ?『パパ〜とても眠いよ〜』じゃないの?」などと歌い出すあべどんさん。いや…それただ単に眠くてぐずる子の歌になってるから…(かわいい)。
最終的に大喜利みたいになり、ピンポーン!て早押しして「越後製菓!!」って言ったテッシーがいぬコーンもらったりしてたw

そのうち、ユニコーンのイントロなのかと思いきや「I love you,OK?」が。答えたのはかにさん。
それに合わせて「きょおのぉ、せかいにぃ〜」とモノマネで歌い出す民生さん。よく見たら使ってるの、ガイコツマイクにミツバチさんのラメ蝶ネクタイつけたやつ。永ちゃんぽい?グラサンかけてたので、笑ってしまったw

その問題でイントロクイズは終了。「次はこれ(スケッチブック)を使うやつ」と。難しいんだよな〜と苦笑のあべどんさん。
出されたお題のものを絵に描いてください、のコーナー。まずは「俺のレーベルのキャラクター、ヘロ・ディギン」。そういう名前なの?へろでぃぎんていうの?とあべどんさん(今か)。
あべどんさんの描いたヘロさんは頭に思いっきり、あの、小学生が書くような巻いたウンコみたいなのがのっている。そして下に「RMCレコト」の文字。何故…
民「"レコード"じゃないの?逆だし、RCMだから…ウンコのってるし」←ツッコミが優しい
A「ウンコじゃないの??w」←違います
他にも「"レコード"に気を取られてた…」などと仰っていたあべどんさんだけど、そこなんですか…?wかわいい。ここだったかで、つっこまれて右手に持ってた扇子で「テヘッ」みたいに自分の頭を叩いてたのもかわいすぎた。
しかしその後、最後に披露されたかにさんの絵が…可愛い顔(しかしヘロさんではないゆるキャラみたいな顔)に小さくあべどんさんが描いたのと同じようなウンコがのっていたのだった。民「違う!ターバンですよ!!」「(カレーの)色がウンコみたいだから?」やめてください…

次のお題は「始球式」。09年のえびさんのではなく、16年のテッシーがやったやつ、と。
あべどんさんの絵はちっちゃい棒人間のテッシーがマウンドの上で投げてる?様子。「ちっちゃく見えたのよ!」と仰っていて、いや近くにいたじゃん…?と思いつつ、その左上に並んでる顔が3つ。あれ、よく見たら民生さんがよく描いてるような、かにさん、あべどんさん、えびさんの顔では…?そう、D3P.UCにも入ってる、セルカ棒で撮ってた3人の顔!俺はこれなの、みたいなこと仰ってたけど、そうか、テッシーも撮影してたから小さく見えたのか…編集したからよく見たのもあるかもだけど、あれが良い思い出になってるのだとしたら可愛すぎる。お父ちゃんに球場連れてきてもらった小学生の夏休みの絵日記かよ…。
えびさんかかにさんが、筋骨隆々の腕で投げるテッシーの絵。テッシーは「俺から見たらこうだったの!プロのキャッチャーの人は大きかった」と、マウンドから見たバッターボックス周辺の図。「あの時のキャッチャー誰だったかなあ…あ、會澤だ!」と民生さん。ホームベースが四角っぽく描かれてて、「ホームベースくらいちゃんと描いてください!」とつっこんでいたw

最後のお題は、民生さんはちょっと考えて「ゴレンジャー」。
めちゃくちゃ悩む4人。目のところが違うんですよ、みたいなヒントが出される。
「1人出てこない…」と言うあべどんさんが描いたのは「惜しい」と。1人思い出せない、だからか端っこにドラえもんらしき絵が書いてある。ヘロさんもそうだったけど、黒目が互い違いになっててちょっと怖いw えびさんが描いたのは目のところがそれぞれトランプのマーク。テッシーのは丸型の人が2人、そして全員あごひげみたいのが描いてあるw 「空気穴だよ!」と言ったら民生さんから「お面じゃないんだから」「穴あいてるのは目のとこですよ」とつっこまれる。
そしてかにさんのが…時間切れで顔だけ5人分、体が描いてあるのが2人、って感じだったのだけど、これがもう可愛かったwマルちゃん(インスタント麺の)みたいな、くの字の前髪?があって目が点で…かわいかった。
ていうかもしかしてかにさん、世代ではないのでは…?と思って後から調べたら、ゴレンジャー放送開始の年、かにさん16歳だった。そりゃわかんないよなあ。

このコーナーは描いてる間に時間があったので、その間に曲に合わせて「I love you,OK?」を歌ってみたり(元の歌も入ってたのを聴いて『声が若いな』とか言ってたw)してた民生さん。でもだいたい、一番近くにいるあべどんさんのをのぞきこんで「あ〜、なるほど…w」などとニヤニヤしていたw

そんなこんなでスケッチブックのコーナー終了。
この絵はプレゼントするの…?みたいな話になり、誰かが「バカが買うんですよ!」みたいなこと言ってたようなw

阿部民で立ち位置チェンジ。
今度はあべどんさんが司会で、FC会員から募ったクイズを出すコーナー。
「このクイズで優勝するとクイズに挑戦できます」と説明するあべどんさん。ボーナスステージということでしょうかw 問題は会場周辺(在住)の方からもらったのを、と言ってたけど、毎回どこの誰からかを読み上げているうち「広島県の女性から…広島ばかりですねw」となっていた(岡山の方のもあったかな)。
正解すると、指人形のがいぬコーンと同じくらいのサイズになった"あべどんちゃん"がもらえる。えびさんに渡った時だかにカツラが取れちゃって慌ててたw民生さんは手渡しされて、手で優しく支えて立たせたまま前髪だけチラッとめくってた。ちなみに後の方でもらえる"スーパーあべどんちゃん"は全身金色コスチュームで、ホクロがビジューでキラキラしてたw
司会者の机にカメラが設置されてて司会者の顔が下から映ってるのだけど、カンペガン読みでたまに顔が隠れちゃうあべどんさん。かわいかった。
クイズが始まる前に突然「ゴレンジャーはこうですよ」と、あべどんさんの絵に顔を一つ足してた民生さん。よく覚えてるなあ…「ブーメラン(型)」と説明した瞬間に「ブー♪」と秀樹のマネ。

クイズは全部覚えてないのだけど、カンペ読むあべどんさんが「二葉中」を「にようちゅう」と読んでしまい、ザワ…となったのに気づいて読み直してたのがかわいかった(そればっか)。その問題で、「では吉川晃司さんは…」で早押しして「修道!」と正解したえびさんにきゅんとした。サポートやってたもんね…!だからご存知なのかわからんけどw
それからZツアーで「福山」を間違えてなんと言った?というやつ。かにさんが「福岡」と答えてたかな。
民生さんやかにさんが昔やってたラジオ番組のタイトルは?とか、広島ならではなコアな問題が多くてステキ(ただしご本人様方は覚えていなかったw)。
クイズの答えがなかなか出ない時だったか、進行がグダついたとこで、
民「時間かかってもいい」
A「そうです。この後の曲が減るだけw」
と悪い顔する阿部民。エッ…と真剣に捉えちゃったお客さんに、あべどんさんが「…嘘です、ちゃんと見てますから。あと9分ある」とサラッと。大人な口調にやられた。さっきまで可愛かったのに…そうゆうとこだよ…

最後の問題は「明日は何の日?」。
かにさんが早押しし「◯◯の日」と2回ほどボケる。民生さんは「俺、仕事だわ」。えびさんは元気よく「移動日!!」。「そうですねww正解ですw」とあべどんさん。

結局ボーナスステージは同級生コンビが進むことに。すると、モニターに「クイズ アベドネア」の文字と、あのBGMw懐かしい!
あべどんさんが相変わらずカンペガン見で説明。「一度答えたら、失敗はゆるせません」。…え?とざわつくフロアとメンバー。明確なツッコミは全く入らず、その間にゆーっくりと首を回すあべどんさん。「…ゆるされません」。言い間違いだったらしい。かわいすぎる。
説明が終わると、モニターに映し出される四択(ロゴとかも凝っててすごくそれっぽい)。「テッシーの好きな食べ物は?A:焼肉、B:ドーナツ(発音は『ドーナッツ』だった)、C:ケーキ、D:可愛い娘(こ)」と読み上げるあべどんさん。
まずは民生さんが「焼肉?」と。「A、焼肉…ファイナルアンサー?」次の瞬間、司会カメラをのぞきこむように顔を近づけて首をかしげまくるあべどんさん。ぎゃあああという悲鳴が聞こえたと思ったら自分だった。いやかわいすぎるから!!!カメラをクンクン嗅ぐ猫ちゃんかよ!!!ちなみに答えを発表する前に毎回やってて、最後は白目までむいたりしてて、民生さんから「(本物は)そんなだったか?ww」と言われてた。いいんです可愛いから…
焼肉は不正解で、解答権がえびさんへ。「50:50(と言われると50/50みたいだなあと思った)とオーディエンスも使えますよ」とあべどんさんに言われ、「じゃあオーディエンス!」と。正解だと思う選択肢に拍手してもらうことになったら、えびさんが「焼肉!」。それは出ましたから、不正解ですから!とつっこまれ、ドーナツ、ケーキ…とコールするも、会場、微妙な拍手。「お前ら空気読めよ!」とあべどんさん。それもむなしく、えびさんが「可愛い娘(むすめ、と読んでたw)」とコールしたら割れんばかりの拍手。えびさんがそれに沿って答えるも不正解w
あべどんさんが無理やり「答えはケーキです!テッシーお誕生日おめでとう!」と叫ぶと、ハッピーバースデーの曲とともに、Jメンさんがケーキを運んでくる。モニターには「55 TESSY GO 55」の文字と、あの指人形ユニコーンが1人ずつ芝犬コーン?にぽーんとアタック?して弾かれるようなアニメーション。かわいかった。
ロウソクを吹き消したケーキにむらがるメンバー、テッシーに一口食べるように勧めるあべどんさん(他のメンバーが食べようとしてるのをたしなめてたw)。テッシー、クリームの部分をすくって一口。それを見てケーキの側面を指しながら「このパウンドの…(どこを食べたと言いたかったらしい)」とあべどんさん。それを言うならスポンジでは…かわいい(何度目?)。
55歳、どうですか?と聞かれたテッシーは「この5人と一緒に、これからもやっていきたい」と。この5人?あと1人誰??となり、「あべどんちゃんのことですかぁ?」と言ったらしいあべどんさん。それ別人格だったんだw この5人で、と言い直してた。
そんなこんなで第1部終了。並んではける5人。テッシーは列の最後尾で、自分でケーキをはけていったw

合間に、なんとIn the robbyのMV?とそのメイキングが!UCFCのロゴ入ってたから、ツアー終わったらサイトで見られるのかなあ。楽しみ。
とにかくかわいくて、でもなんだか再始動からの色々がほんのりと感じられて、あのサビの歌詞もあいまって、ぐっときてしまった。

さて第2部?私服っぽいバラバラの衣装に着替えて出てくるメンバー。あべどんさんは北斎のような波の絵が大きく描かれたアロハ(のちにYONCEくんの赤富士アロハと同じブランドと判明)。えびさんとテッシーはTシャツ、民生さんは赤っぽい、アロハのようなボタン付きシャツ。かにさんは襟付きのボタンダウンシャツ(長袖)で、それでドラム叩いてるのがどうにもカッコよかった…。
楽器配置は今年のフェスと同じ。終わってからどうしても確認したくて見に行ったのだけど、あべどんさんブースは白い子(メロトロン?)と、もう一台白いキーボードがあって、その上にあの!ソリストの板さん!!もう一台、小さな白いピアノみたいな形の子が下手側にいたけど、あれもメロトロンなんだろうか。白い子の横に、スズランみたいな形のやわらかい光を灯すランプがあって、それもソリストを思い出した。
さて、以下セトリは曖昧。

・Feel So Moon
ふわぁーっとスペイシーな音に、あ!板さんの音だ!!と胸が高鳴る。不安定な音。それがだんだん「あの」イントロになっていって鳥肌だった。ソリストから時間経ってないのに、もうこんなに使うだなんて!ストリングスみたいなニュアンスとか、今後もっと滑らかにかっこよくなっていくのかなあと思うとドキドキする。

ここでだったか民生さんがちょこっとしゃべりだして、テッシーから「ここしゃべるとこじゃなかったけどね」と言われて「エッ!!」となってた。

・スターな男
足蹴ピアノ!!(キーボードだけど)

・ペケペケ
ここまで書いてなかったけど、髪を切ったえびさんはフジの総くんみたいで、とても爆イケでした本当にありがとうございました。前みたいに少し長めで後れ毛があるのもいいけどね!!
キーボードソロは板さんだったような違うような…(ちなみに手元は全く見えなかった)。

さてここで、ちょっと変わったことをやりますwここでしか…みたいなことを言い、おもむろにマイクを手にする民生さん。
え?と思った瞬間、イントロの一音と、黒いモニターに映し出された白のシンプルなOTマーク。いや、叫んだ。

・さすらい
うそだろおおお!とぎゃーぎゃーしてあんまり記憶がないのですが、よかった。ユニコーンのさすらいよかった。コーラスが!コーラスにユニらしい厚みが!!そしてテッシーのギターとあべどんさんの板さんギターが合わさるのが素敵すぎる…
勝手に、本当に勝手に、個人的に、民生さんのソロ曲をユニコーンでやったらどうなるんだろうなあ…というのは前からあって、だからテッシーの50祭で阿部民バンドの時にあべどんさんの演奏する御免ライダーと愛する人よでウワアアアとなったのだけど、まさかここでやってくれるとは。すごく嬉しかった。素敵だった。

・R&R SHOWER
次に映し出されたのは、ABEDDN&THE RINGSIDEツアーでおなじみ(今回はCGだけど)、「ABEDON」の文字が電飾になってるやつ。ツアーよろしく曲に合わせて点滅するんだけど、点滅のしかたが2パターンくらいある。えっ…凝ってる…いや嬉しいけど…
この前スパゴーとやってたのも聴いたけど、カッコよかったなあ…かにさんのドラムがどしどしくる。そういやライブの最初はリズム隊の音が妙にどしどしくるなあ(大きい?)と思ってたけど、気のせいかもしれない…。あべどんさんはハンドマイク、民生さんはiPad見ないで余裕?でジャズマスター?弾いてた。

・ようこそ
黒字に白い電大ロゴが映し出されて、曲が始まるとお客さんが盛り上がる!やっぱり地元だからかしら。当たり前かわからないけど、ユニっぽい曲になっていたような。

ここでMC。
何の流れだったか、またもや、音楽は時間稼ぎですから…みたいなこと言い出す悪い阿部民w なんかそういう男子高校生みたいな悪ノリする感じ、昔もあったのかしら、なんて。
ここであべどんさんが「今からやるのも時間を埋めるための…」と言いかけたところで突然曲が始まる。えええwという思いはすぐに彼らのグルーヴに飲み込まれたけど、この話の裏側?が後々明かされようとは。

・デジタルスープ
すごかった。ものすごかった。
J波の時よりもグルーヴがまたさらに強固で分厚く、それでいて包み込む力を増しているような。このセトリ、フジロックのコメントでは「ここに標準(かわいいw)を合わせて」と仰っていたけど、少しだけ、その先のこのFCツアーも見据えていてくれていたなら嬉しい。回を重ねて、この曲の凄みが増していくのは本当に嬉しい。

・WAO!
シャウトは (∂∀∂)FC!(多分) 聞き取れなかった?あべどんさん、次のブレイクで振り返って「えび!!」。振られたえびさん、まかーれーてますさまーよってます!と歌う!
次に「テッシー!」と指名するあべどんさん。 まかーれーてますさまーよってます〜と独特のメロディーで歌ってたw
確かこの曲で、テッシーのギターのレバーをぐいぐいするあべどんさん。珍しい。かわいい。

・Boys&Girls
スタンドマイクを客席に向けて、サビを歌わせてくれる。この曲で、というのがなんともFCぽい。確かこの曲で、前に出てきてたえびさんの左肩にあべどんさんが右手を置いて歌ってたとこがあって、おお!と思った。
以下は個人的なアレですが。
この曲の美しさはソリストで板さんによって演奏された時に実感していたけど(『元はクラシックのつもりで作ったんだけど、アルバムに速い曲が足りないと思って速くした』と、バイオリンのような音でゆっくり演奏してくれたのです。それが賛美歌のような荘厳な響きを持っていてなんとも美しかった)、バンドだと盛り上がって楽しくて、でもやっぱりなんかめちゃくちゃに泣けてしまった。あの旋律にのる、「君を追いかけた輝いた日々は 今も胸に生きてる 今に生きてる ここに生きてる」という歌詞がもう…In the robbyのMVを見たのもあいまって、これまでユニコーンの活動を追ってきたこと、そのどれもがとても楽しかったこと、そして大げさかもしれないけどそれによって"生きている"という実感を持たせてもらえたことーーそしてもちろん、今この瞬間もそうだ、ということなんかが頭を駆け巡って、自分のおかれた状況とかもあいまって涙が止まらなかった。

アウトロで、「奥田民生ー!手島いさむー!川西幸一ー!堀内一史ー!」と一人一人指しながらシャウトするあべどんさん。最後は「わたくしABEDONでした!!」と自己紹介、するとすかさず「あべどーん!!」と民生さん。
曲が終わるとキーボードブースに戻り、ちょっとぐったりなあべどんさん。メンバーから感じる視線に、「やるのかー!!俺待ち?おれまちたかし?w」と。ポイズン…

・OH! MY RADIO
これもまたすばらしかった。J波の音源もすばらしくよかったけど、歌声のぴったりさ加減が増してる。もはや怖い。呼吸のしかたから一緒ってどういうこと?


ここで第2部終了。はけていくメンバーたち、程なくしてアンコール。みんなツアーの水色T着てた。黒も見たかったなあ。

配置についたとこで、民生さんが「どうですか?ファンクラブ楽しいですか?」と。「次の曲はファンクラブで流れてるんでしょ?歌詞とか出てるの?俺ファンクラブ入ってないからわかんないんだよ」えええ。「俺も入ってないw」とあべどんさん。民「URLとか教えて」そこからかw 社割で入れろだのなんだの、テッシーにヤイヤイ言う阿部民。
そのうち話が来年のことに及ぶ。テッシーから説明して、とあべどんさんに振られて、「来年は川西さんが60歳、再結成して10年、阿部が加入して30年」と。すかさず「"全部足したら100年じゃーん"って!!w」と無邪気に言うあべどんさん。なぜ足した。「そのうち6割は年齢やないか!」とつっこむ民生さん。そして「やってない16年はどうすんの?」と水を差すかにさん。「めでたい時にそうゆうこと言わないの!!」とあべどんさん。嫁か(意味不明)。
「まあ、でも、来年もなんかやるんで。よろしくお願いします」と民生さんがぺこり。

そして話が、さっきぶった切られたMCに及ぶ。
へちょ、という音がしそうな感じにキーボードにもたれて、「『時間を埋めるだけ』って言ったらすぐあそこで(曲に)入っちゃったから、俺、つらい気持ちでずっと弾いて…」と落ち込むあべどんさん。えええ…落ち込みながらあのすごいグルーヴ出してたの…?という衝撃。
そういうこと言う悪ノリ感は阿部民的にはいつものことだよなあ、照れ隠しの一環かなあと個人的には思っているけど(なんせ、『口で説明できたら小説家になってるよ』とか『伝えたいことは言葉にしたくはないんだ、だから〜』と仰る方々だし、本当の気持ちが一番こもってる、またはそれを表現しやすいのは音楽なんじゃないかと思う)、やっぱり額面通りに受け取ってがっかりしてしまう人もいるのかなあ。人前に立つってそういうことも気にしなくちゃいけないんだなあ、魂を込めて作ったであろう曲をそういう扱いなんだと誤解されたまま聴かせてしまっているかも…という"つらい気持ち"で演奏していたあべどんさんの"つらさ"はいかばかりか…と思ってしまった。
そりゃあわたしも、そんなこと言った瞬間に曲!?しかもデジタルスープ!?wと思ったけど、あんな素晴らしい曲とグルーヴを聴かせてくれたら、あの曲がただ時間を埋めるものだなんてさらさら思わない。いや、むしろ、彼らが音楽でわたしの人生の中の時間を埋めつくしてくれるのならばとても嬉しいのだけど。
まあ、例えばアルバムの曲順やセトリ決めなんかで、ここの時間を埋めるためにこの曲を入れとくか、みたいな感じで曲を使うことは少なからずあるだろうし、そういう風にするのはそれぞれのアーティストの自由だと思う。でも彼らの場合、そういうことをするとしても、投げやりな意味ではなく、より良いものを見せたい、音楽的により良い構成にしたい、という動機を根底に持ってやると思うのだ。
だから、きっと今回のセトリもきちんと選んでいて埋め草のつもりはないと思うけど、仮にそうであっても、彼らが作り上げたものがすばらしいことに変わりはない、と思う…なんて。信用しすぎでしょうか。でも本当にそう思うのです。
大丈夫ですよ、わかってますよ、なんて軽々しく言えたものではないけど(わたしの解釈だって、あべどんさんの思ってらっしゃることとぴったり同じではないだろうし)、とにかく、すばらしかったですありがとう、そしておこがましいけれど、つらく思わなくて大丈夫ですよ、の気持ちを込めて、この後はよりたくさん大きく拍手した、つもり。
そこで微妙に話してる途中でかにさんがまた突然ハイハットでカウント。「ハットか!!w」と民生さん。そこなのかw

・In the robby
とても良かった。あったかくて優しくて、今のユニコーンてこんな感じ、なのだろうなという曲。サビの歌詞が、押し付けがましくないけど優しい愛みたいなものを感じて大好きなのです。


そんなこんなでイベントはおしまい。はける時にがんがんピックを投げるメンバー。かにさんのスティックがかなりの放物線を描いて天井に当たりそうに見えて、どよめきが上がってたw


今回のツアーは、ライブというよりイベント色が強くて…というかイベントだなこれ。例えばオフィスキューのファンミとかジャンボリーとか、ブレチャのVIPみたいな感じ。でもやっぱり最終的に音楽でガツンとやってくれるからそれが嬉しかった。そしてユニコーンの皆さんがまさかそれをやってくれるとは。なんだかむずむずして、でもやっぱり楽しかった。
これは(というかここに書いてあること全て)個人の意見だけど、もちろん彼らの何って音楽が好きなのです。で、作品に作者が自身の全てを投影してるわけではないと言っても、やっぱり作品というのは(いやそこまで形になっていなくても、例えば会話の口調や文字や服の選び方なんか、とにかく人間が生み出すものすべてに言えるとも思うけど)、どこかその人の人間性とか考え方とか関係性とかが滲み出てくるものだと思う。
だから彼らがライブでわちゃわちゃしてるのも、焼肉焼いてるのもクイズに答えるのもただただくっちゃべっているのも、もちろん真剣にレコーディングやライブを行っているのも、それが見えて面白い(興味深いという意味で)。つまりわたしは彼らの、音楽的な意味だけでない「グルーヴ」が好きなんだ、と思いました。
これから先、いくつかの都市を回ってどうなっていくのか、楽しみ。新たな武器ーーフェンダーのギターや板さんなんかをこれからどう育てていくのか、そしてそれを来年にどう還元していこうとしているのか。個人的には、素人ながら、その過程と結果を見聴きせてもらえること、それが一番のFC会員の特権な気がしてならないのです。
まずはどうか、元気で楽しく回ってこられますように。